スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秦一族の来たるべき時代・・・

秦氏の一族は、よく奈良時代に朝鮮半島から渡って来た渡来人と記されている事が多い様だが、  実は違う!

学校の教科書にも名前が出て来るので御存知の人もいるだろうが「魏志倭人伝」という古い日本についての事が記録されている文献で、そこには「日本には‘秦王国’がある」という事が記されている部分がある。

「魏志倭人伝」の‘魏志’とは<邪馬台国>の事だ。従って‘卑弥呼’の時代であるから大和政権はまだ無い時代である。正しく言えば日本は‘倭国’と言われていた弥生時代であり、中期以前であるので卑弥呼が女王として君臨する以前になる。

では「秦王国」は何処にあったのか? これはあまり知られてなく、歴史の研究かも悩んでいたらしい。が、調べてみると「隋書」に瀬戸内の沿岸付近である事が記されている。つまり・・・

秦氏一族は日本が「倭国:わのくに」と言われていた弥生時代には既に日本に居た訳である。だが王国など簡単に出来るものではない。この時代までに3回~4回に渡って渡来して来ているのが別の文献にも記録されている。

応神天皇の時代で弓月君の時代と思われているが、これも違う! 秦氏一族が居たのは初代天皇も居ない時代からである。

日本は初代天皇が即位してからの国であり、それまでは中国大陸の領地の一部であったのだ。日本がいつから日本と言われるようになったのか?という事を考えてみて欲しい。これは大分後の時代なのだ。かくいう卑弥呼が女王となったのも、大陸側からの女王として認めるという認可を頂いていた事で理解出来る筈である。

秦氏と言えば‘渡来人’と認識されているが、実際の話しとしては、日本に日本人は居ない。日本は古代では今ほど海抜はなく、大陸から簡単に行き来が出来た島であり、中国、韓国、朝鮮、ロシア、インド、そしてイスラエル(ユダヤ)など、あらゆる国の民族が渡って来て帰化して出来ている‘多民族国家’である。先住民と言われているアイヌ人も渡来人である。先住民というだけの話しであり、初めから島に居たわけではない。

つまり、秦氏が渡来人ではなく、貴方も渡来人の子孫なのだ。
 
 
 
         秦一族全国ネットワーク・メンバー募集: arcadia@ksf.biglobe.ne.jp
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。